草の根交流文化サロンinSEINO「麩の世界」終了、でも麩は販売中

 

昨日で「麩の世界」が終了しました。

 

予想以上の来場者があり、反響の大きさにおどろいています。

 

ワークショップも盛況でした。

 

焼きたての麩も、香ばしくて好評でした。

 

伝統の味、伝統の技を残すことに少しは貢献できたのではないかと思っています。

 

イベントは終了しましたが、油麩や大和麩、丁字麩などは在庫がある限りですが、引き続き土川商店内で販売していますのでお立ち寄りください。

 

車麩と板麩は4月に入荷予定です。

 

2019.03.18 Monday | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

第46回草の根交流文化サロンinSEINO「麩の世界」開幕



 

今日[3月9日]から「麩の世界」が土川商店「場所かさじゅう」で始まりました。

 

麩の製法、各地の麩、麩の栄養素、麩を使った料理のレシピなど興味深い展示です。

 

中でも全国各地の実物の麩を集めたコーナーは圧巻です。

 

夕方から森製麩所の森さんから麩の多様性、製法などの話に20人ほどの参加者は興味津々でした。

 

その後交流会となったのですが、今回はneshianさんにお願いして麩の料理を作ってもらいました。

 

メニューは、板麩のラザニアとサラダ、車麩のフライ、大和麩の唐揚げ、カクフのしんじょうと通常の麩の料理からは想像できないものばかりでした。

 

でも実にに美味しかった。

 

明日と16日は石窯で麩を焼くワークショップもあります。

 

展示は3月17日までです。

2019.03.10 Sunday | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

2019願成寺古墳群美術展〜座談会「沖縄をめぐるアート〜平良亜弥を囲んで〜」(案内)

4月20日から始まる2019願成寺古墳群美術展に参加する沖縄で活動する平良亜弥さんは、作品制作のため4月12日から土川商店に滞在されます。

滞在期間中の4月13日(土)17時から平良さんを囲んでIAMAS教授の前林さんと台湾在住のアーチスト夏愛華さんをゲストにむかえ座談会を開催しますので参加者を募集します。

詳細は以下の通りです。

 

座談会「沖縄をめぐるアート〜平良亜弥を囲んで〜」                                          

    座談会4/13()17:00〜18:30(無料 定員20名要予約) 

       ゲスト 前林明次(IAMAS教授)   夏愛華(台湾アーティスト)

司会 水谷篤司(アーティスト 願成寺古墳群美術展コーディネーター)

交流会(軽食付き)19:00〜21:00(参加費1000円 定員20名 要予約)

会場 揖斐郡け田町宮地930 土川商店

参加申し込み 土川商店(0585−45−2120) 

 

「平良亜弥プロフィール」

1981年沖縄県那覇市に生まれる。

沖縄を拠点に制作活動を展開。

近年は、目の前の風景が変わってしまう現実の中で、今をかたちづくっているものが何なのか、ここに存在していることについて、問いかける作品を制作。

 

活動歴

個展

2011 「Somewhere Over The Rainbow」GALLERY point-1(沖縄)

グループ展

2013「瀬戸内国際芸術祭2013」(香川県屋釜)

2014〜「CEPHALOPOD INTERFACE」参加

2015〜「沖縄・台湾現代美術交流展」、「マブニ・ピースプロジェクト」参加

 

 

 

 

2019.03.06 Wednesday | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

第2回草の根からの国際交流(仮称)

 

昨年11月に開催した「草の根からの国際交流(仮称)」ですか、今日第2回目を開催しました。

 

前回はボールさんお手製のピザをメインにしたパーティーでしたが、今回は餅つきです。

 

日本に住んでみえる外国人の方と会の趣旨に関心を持たれている日本人合わせて30数人が集まりました。

 

搗いたのはふつうの餅1臼、おこわ餅1臼、ヨモギ餅1臼の計3臼です。

 

途中小雨となりましたが、テントを用意していたので何とか搗くことができました。

 

醤油、きな粉、大根おろし、粒あんなどを用意して土川商店の2階で餅パーティーです。

 

どの参加者も楽しんでいただけたようです。

 

早速次回の開催も話題になり、揖斐川町の大和神社でタケノコ掘りとタケノコパーティーになりそうです。

 

もっも私は、急用ができ準備と終わりがけだけの参加でしたが、とても楽しい会だったことはすぐにわかりました。

2019.03.03 Sunday | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

2019願成寺古墳群美術展作品説明会のご案内

4月20日から2019美濃国池田山麓物語の主体企画である願成寺古墳群美術展が始まります。

 

そのオープニング企画として、出展作家による作品説明会を下記のように開催します。

 

説明会直前には、近くの桜山館で古墳レクチャーも開催しますので、レクチャーを聞かれてから古墳群に足を運ばれ説明会に参加されてはいかがですか。

 

いずれも参加費無料です。

 

なお夕方からは作家を囲んでの交流会(要予約)もあります。

 

「作品説明会」

日時:4月20日(土)14:30〜16:00

会場:願成寺古墳群1号墳前より順次作品を巡ります。

問い合わせ:土川商店(0585−45−2120)   

2019.02.28 Thursday | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

古典を読む会

昨晩は、土川商店2Fで「古典を読む会」を開催しました。

 

毎月第4金曜日の19:00から開催しています。

 

これまでに枕草子、宇治拾遺物語、方丈記を読んできましたが今は徒然草を読んでいます。

 

30代から70代までの男女10人ほどが集まります。

 

単なる現代語訳や文法解説だけではなく、その背景や心情なども語り合い実に楽しい時間です。

 

先月からは通訳をしている従姉のkがドナルド・キーンの英訳したものと彼女が英訳したものを比較しながら違った角度から読み解くことも始めました。

 

これまたとても新鮮です。

 

また会では、年2回研修旅行を実施します。

 

次回は5月29日の予定で、これにだけ参加することも可能です。

 

会員募集中ですので、関心のある方お待ちしています。

 

なお土川商店では、第1金曜日に連句会、第3金曜日には句会、不定期ですが古文書講読会も開催しています。

 

いづれも参加者募集中です。

 

 

2019.02.23 Saturday | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 
<< | 2 / 230 PAGES | >>