<< 今年も餅を搗きました | main | 第51回草の根交流文化サロンinSEINO「ひしだみわ展〜好きを生きよう〜」(案内) >>

画家がスケッチにやってきた

日差しの暖かな一日、土川ガーデンでは日本画家の眞野康洸さんがスケッチにみえました。

 

眞野さんは滋賀県にお住いの日本画家で、フランスでも個展を開催された作家さんです。

 

はじめてお会いしたのは昨年の柏原宿の地域交流センターの「六十(ろっそ)」のオープニングのときでした。

 

その時初めて眞野さんの絵を拝見してとても惹かれたのです。 

 

そこで池田町の造り酒屋のである大塚さんの義兄でもあることから、私のところ展覧会をお願いすることになりました。

 

古い建物をモチーフに叙情豊かな世界が広がります。

 

展覧会は10月から11月にかけてを予定していますが、本当に楽しみです。

 

それにしても絵を描く眞野さんは絵になります。

2020.01.11 Saturday | 17:42 | comments(0) | - | - |