<< 当座帳(大福帳)とキャッシュレス | main | 第49回草の根交流文化サロンinSEINO「服部ミドリ展〜回転ユニバース〜」開幕 >>

古典を読む会〜徒然草と観音信仰〜

土川商店2Fでは毎月第3金曜日に「古典を読む会」を開催しています。

 

今夜は徒然草41段を読んだ後、観音信仰についてのレクチャーがGさんを講師にありました。

 

この会では年2回、作品の舞台になった京都を中心としたところを訪ねています。

 

その際一人ひとりがテーマを決め、調べた事を事前に発表することになっています。

 

今回、三十三間堂へ行くので観音信仰にいて勉強しておこうというわけです。

 

 

祖父の兄が観音をテーマにした仏画で知られる画家で、孫のkがやはりこの会員ということもありレクチャーの際、8幅の観音像の軸を部屋に掛けました。

 

学生時代は決して勉強は好きではなかったのですが、今はこの時間がとても楽しいのです。

 

現在会員は10数名ですが、まだ会員募集中です。

 

ギャラリーである「場所かさじゅう」の方ではいよいよあすから「服部ミドリ展」がはじまります。

 

明日(11月26日)は朝から作家さんが在廊されますし午後からはワークショップもあります。

 

沢山の方に来ていただきたいものです。

 

2019.10.25 Friday | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |