<< 今年も京の顔見世に行きました | main | 餅つき、一夜明けたら雪 >>

草の根交流文化サロンinSEINO「漫画家 宮川サトシ展」(案内)

映画化の情報をお伝えして以来このサロンの問い合わせが多々ありましたが、ようやくチラシも完成し、今日から作家トークと交流流会の申し込みを受け付けます。

 

詳細は下記の通りです。

 

なおチラシのデザインはトークの聴き手でもある野口晃一郎さん、交流会の食事は映画のロケ弁を作ったトリコローレさんです。

 

第45回草の根交流文化サロンinSEINO

     「漫画家 宮川サトシ展〜『母を亡くした時僕は遺骨を食べたいと思った』映画化記念〜」

 

1 主催 草の根交流文化サロンinSEINO実行委員会

        

2 後援 池田町教育委員会 文化プロデュースSEINO

 

3 協力 ぎふ草の根交流サロン 新潮社

 

4 会期 2019年1月 26 日(土)〜2月 3 日(日)

 

5 会場 土川商店「場所かさじゅう」(揖斐郡池田町宮地930)

 

6 目的 文化活動を展開している個人、団体の活動紹介や情報交換を行うことにより文化を視点にした緩やかなネットワークを形成し活動を支援するとともに心豊かな社会の実現に寄与する。

 

7 内容 ・1月26日(土)〜2月3日(日)展示(入場無料)

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った』などの代表作の原画展(デジタル版)

      漫画ができるまでの行程の展示

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った」映画化資料の展示

     ・1月26日(土)作家トークと交流会(要予約)

作家トーク(聞き手 野口晃一郎氏)14時〜16時(定員50人)  1交流会(軽食付き)17時〜19時(定員30人 参加費1200円)

 

8 作家トークと交流会の申し込み

  申込期限 1月21日(月)

  申込先  土川商店(tel 0585−45−2120)

 

9 宮川サトシ氏のプロフィール

1978年生まれ。岐阜県出身。 白血病を克服し、 東京で暮らす地方出身妖怪たち悲哀を描いたギャグ漫画『東京百鬼夜行』(新潮社)で2013年デビュー。最愛の人を亡くした哀しみを描いて多くの共感の声を生んだエッセイ漫画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(新潮社)は、累計500万PVを突破し話題を呼んだ。現在はWEB漫画サイト・くらげバンチ(新潮社)にて『宇宙戦艦ティラミス(原作)』、ゴラクエッグ(日本文芸社)にて『僕!!男塾(原作)』、ベビモフ(講談社)にて育児エッセイ漫画『そのオムツ、俺が換えます』などを連載中。

 

 

10 問合せ 草の根交流文化サロンinSEINO実行委員会事務局(土川商店内)

       揖斐郡池田町宮地930 (Tel0585-45-2120)

           

 

2018.12.21 Friday | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |