<< 「谷汲山 楽市楽座」出展者募集 | main | 池田山の森の活用計画〜第2章再生の森(2) >>

第35回草の根交流文化サロンinSEINO「トザキケイコ展」のご案内

1 主催 草の根交流文化サロンinSEINO実行委員会

2 後援 池田町教育委員会 文化プロデュースSEINO

3 協力 ぎふ草の根交流サロン  

4 期間 2017年9月2日(土)〜9月10日(日)

5 会場 土川商店「場所かさじゅう」

     (揖斐郡池田町宮地930 tel 0585−45−2120)

6 主旨 文化活動を展開している個人、団体の活動紹介や情報交換を行うことにより文化を視点にしたゆるやかなネットワークを形成し活動を支援するとともに、心豊な社会の実現に向けてのメッセージを西濃から発信する。

7 内容

(1)作品展 9月2日(土)〜9月10日(日)10:00〜18:00

      古物や自然物を使った「糸かけマンダラ」をはじめとする現代アート展

(2)作家トークと交流会 9月3日(日) 

     1部 トーク 18:00〜19:00  定員50名(無料)

     2部 交流会 19;00〜20:30

        定員30名 参加費1200円(食事付き)

     *要予約 8月28日(月)申し込みは土川商店まで

(3)ワークショップ 93()6()10()

           10:00〜12:00

           14:00〜16:00

「夜明けの美術学校ともしび『いま、ここ、わたし 記憶の糸かけ』」

数学者たちが宇宙の法則とのつながりを発見し、シュタイナー教育のアートワークにも取り入れられた素数と、素数以外の数も使うアレンジを加え「数字」の持つ美しさ不思議さを体験します。 五大吉数、天使の数とも言われ、「美」の意味を持つ32本のピンと、100色以上のアンティーク絹糸を使いオブジェを制作します。所要 時間/2時間(参加費3500円 材料費込み))

       当日参加可ですが定員は6名です。予約される場合は下記へお願いします。

      Eメールtozakikeiko@gmail.com

       電話   0585−45−2120(土川商店)       

8 講師プロフィール

岐阜県在住。
愛知県立芸術大学、デザイン科卒。
枯草がただ風に揺れている姿を見て、自分もそんな自然の循環の中にありたいという気持ちから、2007
年より枯草や種、米粒や古道具などを使った作品をつくりはじめる。
2016
年よりピンに糸をかけて幾何学模様をつくる手法も取り入れて、海で拾った板や、蔵に眠っていた古道具などに糸をかけている。
東京、名古屋を拠点に個展多数。
2017
年より、美術や手仕事を通し個性を輝かせる活動として「夜明けの美術学校ともしび」を主宰。
 

 

 

2017.07.30 Sunday | 11:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - | 
食事の内容は何でしょうか?
| 芬尿寺運国斎 | 2017/07/30 8:11 PM |
石窯で焼いたピザとneshianのカレーを準備しようと思っています。
| 土川 | 2017/08/16 1:16 PM |