<< 第32回草の根交流文化サロンinSEINO「いろしろStories02」のご案内 | main | 土川ガーデンに「日干し煉瓦でブリックハウスをつくろう」の第一回ワークショップがありました >>

揖斐川歴史民俗資料館「窪田喜作・野原桜州・間下米次郎展」開幕

今日から揖斐川町にゆかりの画家の3人展が、揖斐川歴史民俗資料館で始まります。

 

午前中、その開場式に出席してきました。

 

展示のお手伝いや、図録の執筆者ということもありテープカットを依頼されました。

 

自分でかかわっているので、手前味噌になってしまいますが実にいい展覧会です。

 

私が担当したのは野原桜州関連だけですが、他の2人の作品も見ごたえがあります。

 

図録も本当にいいものができました。

 

岐阜県美術館との連携もしっかりできおり、ここ池田町も含めて近隣の町村レベルでの展覧会では類を見ないものではないかと思います。

 

歴史資料館の設備に加えて、今回に限らず、その企画の充実ぶりはすばらしいものがあります。

 

こうしたことに力を注ぐ揖斐川町の懐の深さを感じます。

 

会期は3月26日までですが、14日に展示替えがあります。

 

余談ですが、執筆者として私の名前を掲載するとき肩書がないのは都合が悪いということになり、「かさじゅう主宰」としました。

 

「かさじゅう」の名が公式デビューしたような気がして少し嬉いかったです。

 

2017.03.03 Friday | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |