<< 池田山の森の活用計画(12)  「テラスの板の設置中」 | main | 第31回草の根交流文化サロンinSEINO「国枝雅代〜サクソフォンと共に〜」開催(報告) >>

2017池田山麓物語「願成寺古墳群美術展ワークショップ参加者募集

 

2017 美濃国池田山麓物語 願成寺古墳群美術展

ワークショップ参加者募集

〜 耳で見て、目で聞く 〜

< 内 容 >

願成寺古墳群の中で作品を制作します。

はじめに、古墳や古代の人、自然、あるいは未来に思いを馳せながら、仮面をつくります。それから、「とある不思議な指示に従って」、それぞれが音や声を録音したり、色や形を布に描いて表現し、みんなで作品を完成させます。

完成した作品は、古墳内部や周辺に設置します。どのような作品になるか、完成予想図は誰にも分かりません。

子どもから大人まで、お気軽にご参加ください!

 

< 日 時 >

2017年4月23日(日)  10:00〜11:30  → その後 昼食

 

< 場 所 >

集合場所:池田町大津谷公園 桜山館 ( 池田町宮地1100−1 )

活動場所:願成寺古墳群内 ( 雨天の場合は、桜山館・ステージ等 )

 

<持ち物、服装>

手ふき用のタオル、水分補給用のお茶など、敷き物(レジャーシートなど)、汚れてもよい服装、帽子など

 

< 参加費 >

 一人1,000円/人(neshianこだわりのオリジナルカレーライス付き)

※ 保護者等、カレーのみ注文する場合は、600円を頂きます。

 

< 参加者数 >

25名程度(子どもから大人まで)

 

< 申込方法 >

参加申込書に必要事項を記入のうえ、FAX・郵送・メール・直接にてお申し込みください。

 

< 申込期限 >

平成 29年 4月 14日(金)

 

< 申込先・お問い合わせ先 >

2017 美濃国池田山麓物語実行委員会事務局

〒503-2406 岐阜県揖斐郡池田町宮地930番地(土川商店内)

Tel/Fax : 0585-45-2120 E-mail : tutikawa@ogaki-tv.ne.jp

http://ikedacraft.norarikurari.moo.jp/

 

< 主催 >

2017 美濃国池田山麓物語実行委員会

< 後援 >

池田町、池田町教育委員会、池田町商工会、JAいび川

文化プロデュースSEINO、草の根文化交流サロンin SEINO

 

< ファシリテーター >

二村 元子 …古民家や寺院、ギャラリーなどで、粘土や紙などの自然素材に加え、布、鉄などを使った立体造形やインスタレーションを発表する一方、近年では、障がいのある方とのコラボレーションを行い、アート活動や企画展を開催している。またワークショップや社会実験などを行い、広い意味のアート活動にも興味をもっている。

1996年  岐阜大学教育学部美術教育卒業

1999年  同大学院教育研究科美術教育専修修了

2014年  個展「Re∞Birth」(岐阜市/上宮寺)

2015年  中之条ビエンナーレ出品(群馬県/中之条町)

願成寺古墳群美術展出品・ワークショップ(池田町)

布施院博之…音楽監修

 

< 開 催 趣 旨 >

  池田山の山麓一帯は、先土器時代以降人間の営みが途絶えることなく連綿と続いており、その刻んできた歩みは自然環境を受け入れ、伝統を尊重し、堅実さを旨とする価値観を生み出した。そして今も山麓一帯に広がる豊かな緑の中で、人々は季節の移ろいをしっかり受け止めながら穏やかに日々の暮らしを営んでいる。

  このような中、生活の形態が大きく変化し、価値観が多様化してきた現代において、確かなよりどころがかつてないほど求められており、池田山とその山麓一帯の個性やそれらが育んだ資源が、これにこたえるものとして期待されている。

そこで池田山麓一帯の自然、歴史、民俗、芸術などを検証し、保護と活用の方法を提案することで未来へ向けてのメッセージを発信する。

 

 

2017 美濃国池田山麓物語 ワークショップ参加申込書

 

 

作品制作

参 加 者

氏   名

年 齢

 

 

 

 

 

 

 

 

カレー注文数

             

お面制作数

           

住    所

 

連 絡 先

 

その他

(注意してほしい事など)

※ アレルギー等

 

2017.02.22 Wednesday | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |