桜州転居「東京〜揖斐〜岐阜〜京都」

ここ2、3日揖斐川町歴史民俗資料館へかよっている。

 

3月3日から揖斐川町出身の3人の画家を取り上げた展覧会が予定されていて、

そのお手伝いをしている。

 

自分が担当するのは、野原桜州だがその図録に掲載する解説文も依頼された。

 

今日その原稿を、渡してきたのだが、実はもう一編ある。

 

当初はこちらを提出したのだが、もう少し一般論的なものの方が良いと指摘を受け今回の原稿になった。

 

でも関心を持っていただける方なら、何かの参考にもなるだろうと思ってここに掲載することにした。

 

きょう提出したほうも気になる方は、展覧会場でお求めいただければ幸いです。

 

                

                   桜州転居「東京〜揖斐〜岐阜〜京都」

 

揖斐川町三輪に「桜洲夫妻の墓」がある。2011年8月には傍らに記念碑が建立された。墓石の正面には「桜洲夫妻の墓」とあり右側面には「明治四十三年九月建立 桜洲 野原安司 千代」、左側面には戒名と俗名が刻まれているが、そこには「野原千代 野原安司 野原春子」の名がみえる。明治43年は彼が東京美術学校を卒業してもなお寺崎広業の指導を受けるべく東京にとどまっていた時期である。この頃、棚橋天籟と交流したり揖斐祭りの曳山虎を描くなど故郷へ思いを寄せる一方、「一休和尚之図」や「鬼之念仏」など鬼気迫る作品を描いている。桜州には死産した子供がいたというが、おそらくこの「春子」がそれではないかと思われる。美術学校卒業後、東京にとどまるものの世間の風は冷たく、それに加えて死産のことが重なり、傷心の思いでの帰郷であったであろう。

揖斐へ帰郷したのは、1911年(明治44年)のことである。揖斐川町教育委員会編の略年譜には「この頃、揖斐川町に帰る 写生に専念、自らバラを栽培し、自習黙会を日課とする」とある。地元の学生時代からの支援者等は喜んでこれを迎えたというが、翌1912年(明治45年)には岐阜へ移ってしまう。東京から帰郷の際、一人の女性を伴ってきたが、この女性は間もなく自ら命を絶ってしまったという。この女性が、前述の墓石に見える「千代」であることは想像に難くない。このことが封建的な気風の残る揖斐に住みづらくして転居を決意させたのかもしれない。

岐阜に移った桜州は、始め伊奈波神社近くの誓願寺に寄寓し制作に励み、画業で身を立てる決意を新たにした。岐阜市議会議長の山田永俊氏との出会いがあったのもこの頃である。

山田永俊の仲介で結婚し岐阜市西野町に移り一家を構えたのは、1914年(大正3年)のことである。安定した生活の中、「桜洲」からサンズイ編が消え「桜州」と記すようになり、1916年(大正5年)には「豊太閤醍醐の花見」で文展初入選を果たしている。

一方、この頃から大垣市出身で京都で活躍していた俳人上田聴秋と交流し関西画壇への関心も高まっていった。

桜州が京都へ移住するのは、1919年(大正8年)10月である。この決断の背景を推測することは容易ではないが、師の寺崎広業の死と、文展から帝展への改組は時代の転換を感じさせたに違いない。文展に入選したものの新しい時代を切り開くものではなく、製作の壁に突き当たっておりそれを乗り越えんがためとも考えられる。移住の前年「陶淵明の図」を描いている。新天地に思いを馳せる陶淵明を桜州が、それを見送るように足元に咲く菊花を小林呉橋が描いている。小林呉橋は東京で最初に師事した人物である。京都移住は師の理解があって初めて実現したことであったろう。

移住直後は、浄土寺馬場町に住んだが、1926年(大正15年)には、真如堂畔に画房を新築し移住している。

この間、山元春挙、橋本関雪の支援を得て、1922年(大正11年)に「鵜」で帝展入選を果たした。さらに1924年(大正13年)の濃飛日報に「桜州 薔薇の描法に新機軸」という記事が掲載され、ここに「薔薇の桜州」の結実をみることになる。

 

 

2017.01.13 Friday | 14:21 | comments(2) | trackbacks(0) | - | 

第30回草の根交流文化サロンinSEINO「土壁アート&天然素材建造物写真展」のチラシができました

1月23日から29日まで土川商店で山納銀之輔しを迎えて開催するサロンのチラシができました。

 

デザインはマツオカさんです。

 

28日の17時からは、山納さんの講演会(会費500円)と交流会(会費1200円)もあります。

 

予約が必要ですので、希望される方は23日までに土川商店にお申し込みください。(0585−45−2120)

2016.12.30 Friday | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

28日は朝カフェ、おとりこし、餅つき

28日は丁度第4水曜日ということで、朝6時30分からの月一回の朝カフェの日です。

 

会場を提供するようになって2年ほどになりますが、主催されている0さんのおかげで、今年最後の朝カフェもたくさんの参加者がありました。

 

お昼前には、おとりこしで、お寺さんを迎えお勤めをしていただきました。

 

何年か前までは隣保班全員が1軒1軒をまわる同行勤めでした。

 

大変ではあったのですが、これも年末の風景として記憶に残っています。

 

夜はの餅つきです。

 

毎年恒例の従弟親子、お医者さんのHさん家族に加えて久しぶりに建築家のSさん親子もみえました。

 

特筆すべきは、Hさんの研究室にいる若き医師のNさんと90歳になるその御祖母さんがみえたことです。

 

Nさんが初めて我が家にみえたのは、夏にHさんの紹介でブルーベリーを摘みにみえたときです。

 

お話ししていて驚いたのが、その御祖母さんが昔、このあたりの養護教諭をされていたこと、そしてその方は私や妹、弟もお世話になった恩師であることが分かったことです。

 

人の繋がりの面白さを実感しました。

 

御祖母さんは私の母も良く存じておりましたので、一緒にみえることになったのです。

 

若い者が餅をついている間、90歳と86歳の2人の会話は夜11時まで続きました。

 

多忙でしたが、心に残る1日となりました。

 

2016.12.29 Thursday | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

土川ガーデンに石像が新たに立ちました

 

 

 

 

2015年願成寺古墳群美術展に出展してあった石像が、土川ガーデンにやってきました。

 

濃尾平野を眺めながら佇むように立っていた作品です。

 

今朝、作者の衣斐さんが置かせてほしいと持ってみえました。

 

これからはガーデンにやってくる人やブルーベリーの花を眺めることでしょう。

 

衣斐さんが帰られた後、岐阜のギャラリーに織物をテーマにした「人・音・織・機」の展覧会に行きました。

 

いい意味で刺激的な展覧会でした。

2016.12.21 Wednesday | 17:07 | comments(1) | trackbacks(0) | - | 

池田山の森の活用計画(11)

 

くku

昨日、今日とおIAMASのジェームスさんとyさんがみえ森に設置するテラスの床板を加工にみえました。

 

大方カットは終わり、現地へ搬入しました。

 

次回からは、貼り付け作業に入るようです。

 

来年4月に開催する池田山麓物語では、関連企画としてトークイベントが行われる予定です。

2016.12.21 Wednesday | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

第30回草の根交流文化サロンinSEINO「天然素材で創る豊かな暮らし展」のご案内

第30回草の根交流文化サロンinSEINO

    「天然素材で創る豊かな暮らし展〜日干し煉瓦でブリックハウスを建てよう〜」

                                          

1 主催 草の根交流文化サロンinSEINO実行委員会

  共催 日干し煉瓦によるブリックハウス製作委員会

 

2 後援 池田町教育委員会 文化プロデュースSEINO NPO法人 泉京・垂井

 

3 協力 ぎふ草の根交流サロン  

 

4 期間 2017年1月23日(土)〜1月29日(日)

 

5 会場 土川商店「場所かさじゅう」

     (揖斐郡池田町宮地930 tel 0585−45−2120)

 

6 主旨 文化活動を展開している個人、団体の活動紹介や情報交換を行うことにより文化を視点にしたゆるやかなネットワークを形成し活動を支援するとともに、心豊な社会の実現に向けてのメッセージを西濃から発信する。

 

7 内容

(1)作品展 1月23日(土)〜1月29日(日)

 

              10:00〜18:00

       土壁アート&天然素材建造物写真展

 

(2)講演会と交流会  1月28日(土) 

     1部 講演会 17:00〜18:30  定員50名(参加費500円)

       講師 山納銀之輔氏(天然素材コンシェルジュ・空間デザイナー)

          演題 天然素材で創る豊かな暮らしの在り方

     2部 交流会 1月28日(土)19;00〜20:30

        定員30名 参加費1200円(食事付き)

     *要予約 1月23日(月)申し込みは土川商店で                                                8 

 講師プロフィール

昭和463月生まれ

天然素材コンシェルジュ、古民家再生プロデューサー、村づくりコンサルタント、空間デザイ

ナー、自給自足アドバイザー、里山料理研究家、販路コーディネーター、グランドアーティス

ト、ネイチャーワークスペシャリスト、アメリカンクレイトレーナーマスター、ストローベイル

ハウスビルダー、マッドブリックハウスビルダー

講師・講演活動(自然素材建築・産業流通作り・地域活性化・コミュニティ作り・自然エネル

ギー)新宿OZONE、つくば国際会議場、東京国際展示場、おおあさ自由学校、栃木農業高校、

宇都宮大学、チェンマイpunpun organic farm、犬山農芸など、多方面での講師を勤める。

自然のシステム・伝統的な知恵と文化を守るための森づくり。土壌、各種の生物、大気、森

林、微生物、動物、水などを含む、全ての生物・無生物に対する心配りを大切にして、森のよう

な畑づくりの企画提案。

地球環境と健康にやさしい素材を使い、「古くなればなるほど味わいが出る風景づくり」「暮

らす人がワクワクする夢のある景色づくり」など、『健康』『持続性』『デザイン性』を兼ね揃

えた空間づくりを行なっている。その高い感性と技術は、数々の賞を受賞し、東京ディズニーシ

ーの風景にも採用されている。

照明心理学、色彩心理学、風水学に基づいたデザイン設計で、店舗、美容サロン、エステティ

ックサロン、スパ、結婚式場、飲食店、宿泊施設、テーマパーク等、数多くの商空間プロデュー

スとランドスケープデザインで、各種雑誌やテレビで取り上げられている。また、寂れた温泉街

復旧計画、商店街活性化事業、地域おこし企画等も行っている。

村づくりコンサルタントとして、全国の村同士のコミュニケーションと流通を生み出しなが

ら、豊かで持続可能な暮らし方を提案し、衣食住エネルギー自給の輪を全国に広げている。

麻しっくい、麻土壁などだれでも簡単に安心して使える製品を独自で開発し、壁塗りワークショップを開催。°現在の住まいに自然素材を取り入れた心地よい暮らしの提案を行う。

 

2016.11.19 Saturday | 09:53 | comments(1) | trackbacks(0) | - | 
 | 1 / 212 PAGES | >>