願成寺古墳群美術展 イベントディー

 

 

美術展2日目の23日は、多くのイベントを用意しました。

 

いずれも前回を上回る参加者がありました。

 

10時からは二村さんを講師にワークショップを開催しました。

 

生まれ変わってたものを想像しながら仮面を作り30mの布に絵を描いてそれを古墳群に展示しました。

 

また参加者の声を録音編集し43号墳から流します。

 

お昼のネシアンのカレーを挟み、12:30から学芸員の横幕さんの古墳レクチャーです。

 

「副葬品に見る古代のモノづくり」をテーマに90分の講座です。

 

美術展を含めた「池田山麓物語」全体を貫く骨格にあたる催しです。

 

これが「池田山麓物語」を単なる一過性のイベントをこえるものにしていると自負しています。

 

14:15からは古墳群を巡りながら作家による作品説明会です。

 

作品解説が必要かどうかは意見の分かれるところですが、新緑の古墳群を散策し古墳に眠る人に畏敬の念をはらいながらの説明会はまた違った感慨深さがあります。

 

もっとも作品解説だけでは、十分味わうことはできませんので、直接目で見て肌で感じてほしいと思っています。

 

同時に古墳をはじめとする史跡の保存活用例としての提案になればとも考えています。

 

 

横幕さんはレクチャーの最後に、ノーベル賞を受賞された大隅教授の「役に立たないもの」という言葉と、最近話題になった「学芸員はガン」という発言を例に、古墳を知る意味のお話をされました。

 

地道な研究が今役に立つかどうかわからくても、やがてそれが大切なものに繋がるかもしれないし、そうした研究が行え、それに胸ときめかす社会に本当の豊かさを感じます。

 

アートにも似た部分が多分にあると思います。

 

近視眼的に役に立つ立たないでその価値を判断するのではなく、それを受け入れる社会こそ重要に思います。

 

また役に立つかどうかは、現在の価値基準で判断するので、新しい価値観を現在の段階で理解できないのはむしろ当然でしょう。

 

わからないところにこそ未来があるように思います。

 

したがって重要なのは、そうした活動を認める自由だともおもいます。

 

夜は交流会で、池田山で捕れた鹿鍋もふるまいました。

 

参加者の中には養老鉄道サイクルトレインを利用した関連企画の方もありました。

 

これらは今後の地域の活性化の一つのカギとなると思います。

 

 

 

 

2017.04.24 Monday | 12:35 | comments(1) | trackbacks(0) | - | 

2017願成寺古墳群美術展開幕

今日から5月28日までの1カ月余りの期間、願成寺古墳群美術展を開催します。

 

国内外15組の作家が願成寺古墳群を会場に作品を展示する野外美術展です。

 

隔年で開催し今回で3回目となります。

 

今回特徴の一つに、海外作家が滞在して公開製作するということが挙げられます。

 

画像は台湾から参加された康さんの設置の様子です。

 

彼女の作品は、布で葉を作り、朽ちた部分を網目状にすることで表現しています。

 

これを18個つくり古墳の前に立てていきます。

 

葉が風に揺らぎ、光と影が古墳の前で交錯します。

 

古墳はお墓なので、当然のことながら生と死をイメージさせますが、揺らぐ葉と交錯する光と影が一体となると生死をこえた悠久の存在が流れていきます。

 

このほかの作品も古墳群という特異な環境の中で、普遍と変化、生と死を包み込む価値観を提言してくれるように思います。

 

他の作品の搬入中、通りかかられた一人の男性から声をかかられました。

 

「この展覧会の開催を待っていました。前回は、会期中毎日のように会場に足を運びました。日ごとに変化する作品と風景が楽しみでした。今でもその時の感動を忘れることができません。」

 

と話され、23日の作品説明会には必ず来るともいわれました。

 

こちらも胸が熱くなりました。

 

いつまで続けられるか分かりませんが、もう少し頑張ってみようと思います。

 

23日は10時からワークショップ、12:30から古墳レクチャー、14:15から作品説明会がありますが、飛び入り参加もできますのでぜひ足をお運びください。

 

室内展も、土川商店「場所かさじゅう」で開催中です。

 

 

 

 

 

 

2017.04.22 Saturday | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

土川ガーデンで日干し煉瓦づくりのワークショップ開催

 

昨日今日と、「土川ガーデンにブリックハウスを作ろう」の第2回ワークショップが行われました。

 

今回は日干しレンガ造りで、20名ほどの参加がありました。

 

今回と次回は池田山麓物語の関連企画としても位置付けています。

 

願成寺古墳群美術展の方も次々と作品の搬入がおこなわれています。

 

今日も、京都や沖縄からも作家さんがおみえになり、開幕まじかのあわただしさが何故か心地よく感じられます。

 

一方で、熊野神社の春まつりとあって、のぼりがたち、子供みこしも繰り出しました。

 

夜はウィーンから一時帰国した従妹を迎えての食事会で、いそがしい一日でした。 

 

 

2017.04.17 Monday | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

池田山麓物語の関連企画が始まりました


 

池田山麓物語は願成寺古墳群美術展だけでなく15の関連企画から成立しています。

 

美術展は22日からですか関連企画はすでに始まっています。

 

4月当初からは中央公民館で「願成寺古墳群資料展」が始まっていますが、今日から清水ビル1Fのギャラリー「ユニバース」でガラス作品展の「宇宙の結び〜生きる形〜」が13日までの期間で始まりました。

 

期間中ガラス細工のワークショップや作家さんの公開製作もあります。

 

この機会に是非お出かけください。

 

なお4月23日に開催予定の美術展ワークショップ、古墳レクチャー、作家による作品説明会、交流会はいずれも参加者募集中ですのでこちらへも是非お出かけください。

 

詳しくは土川商店(0585−45−2120)まで問い合わせください。

 

2017.04.10 Monday | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

台湾のアーチスト康雅筑さんの公開製作が始まりました

4月22日から始まる願成寺古墳群美術展に参加するために、台湾のアーチストの康さんが土川商店にやってきました。

 

これから24日まで土川商店「場所かさじゅう」に滞在して、作品を制作されます。

 

ここ製作は公開で行われ、誰でも見にこれますし、製作に参加できます。

 

康さんは中国語と英語しか話せませんが、手振り身振りで十分通じます。

 

昨日も、夜遅くまで土川商店にやってきた近所の人たちと楽しい時間を過ごしました。

 

多くの皆さんのお越しをお待ちしています。

2017.04.08 Saturday | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

第33回草の根交流文化サロンinSEINO「願成寺古墳群美術展参加作家を囲んで」

4月22日から願成寺古墳群美術展が開催します。

 

23日には、9時から桜山館でワークショップ(要予約)、12:30からは学芸員の横幕さんによる古墳のお話し(要予約)、14:15から古墳群を巡りながら作家による作品説明会(予約不要、14:15に一号墳前に集まってください)がありますが、その夕方の18時からは作家さんを囲んでの交流会を開催します。詳細は下記のようですが、多くの参加をお待ちしています。

 

                         記

1、日時  4月23日(日)18:00〜20:00

2、会場  土川ガーデン(池田町宮地930 0585−45−2120)

3、内容  作家トークと交流会(軽食付き)

4、定員  30名

5、参加費 1200円

6、申し込み 4月14日までに土川商店まで(0585−45−2120)

2017.04.04 Tuesday | 06:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 
 | 1 / 215 PAGES | >>