第53回草の根交流文化サロンinSEINO「ときめぐり展」(案内)

第53回草の根交流文化サロンinSEINO

    「ときめぐり展   イラストによる池田町紹介冊子『TOKIMEGURI』出版記念」

1 主催 草の根交流文化サロンinSEINO実行委員会

        

2 後援 池田町教育委員会 文化プロデュースSEINO

 

3 協力 ぎふ草の根交流サロン 池田町わかも会

 

4 会期 2020年8月1日(土)〜8月10日(日)

 

5 会場 土川商店「場所かさじゅう」(揖斐郡池田町宮地930)

 

6 目的 文化活動を展開している個人、団体の活動紹介や情報交換を行うことにより文か所化を視点にした緩やかなネットワークを形成し活動を支援するとともに心豊かな社会の実現に寄与する。

      今回池田町在住のイラストレーター如月れいな氏が親しみやすい池田町のガイドブックがあるといいという声にこたえてイラストによるガイドブックの作成を発案したところ賛同するイラストレーターが県内外から17名集まった。池田町の町おこしに活躍している若者グループ「わかも会」に取材を依頼しそれをもとに作品を仕上げた。今回は14箇所を紹介しているが、第2弾、第3弾を計画している。

 

7 内容 ・17人のイラストレーターによる池田町紹介イラストの展覧会(TOKIMEGURI掲載作品原画展)

     ・ライブペイント(如月れいな他)随時

・ワークショップ「イラストを描いてみよう」(講師 如月れいな他)

8月8−10日  参加費500円) 

8 作家プロフィール 

如月れいな

19861228日生
日本総合ビジネス専門学校を卒業後、フリーのイラストレーターとして池田町を拠点に活動中。
道の駅池田温泉のマンホールデザインやご当地タレントのグッズイラストなどを担当している。
2018年以降は定期的にイラスト教室やグループ展、交流会を開催し、イラストレーターが活躍出来る場所を増やす活動にも力を入れている。

参加イラストレーター

 如月れいな、由愛乃ナカ、小島千枝、たくろう、Guttyo、庭江つかさ、 Rintaro Takeda、 ちぃ子、ゼンジ、かつまれい、だいきち、すてら、たろー、西嶋かずち、新井理玖、うめてんぷら、、結暉ゆち

 

9 問合せ 草の根交流文化サロンinSEINO実行委員会事務局(土川商店内)

       揖斐郡池田町宮地930 (Tel0585-45-2120)

           

 

2020.07.04 Saturday | 09:55 | comments(0) | - | - | 

雨の日、県美術館からギャラリー「いまじん」へ

数日前の雨の日、来客も少なそうなので久しぶりに岐阜市内まで出た。

せっかくの自由な時間なので県美術館と尊敬する土屋先生の個展を開催しているギャラリー「いまじん」を訪ねた。

 

美術館では清流の国芸術祭が開催中で「記憶のゆくえ」をテーマにした18の作品が1辺4mほどの箱(キューブ)の中に展示してあった。

いずれも興味深く見ることができ有意義な時間となった。

鑑賞しながら様々の思いが脳裏をかすめた。

その一つはどうして箱の中に展示するのだろうかという疑問だ。

作品を通常の社会空間に置くとこの空間の持っている要素と作品が融合し独特の世界が生まれる。

作品が世界を規定し、世界は作品に存在する場所と意味をあたえる。

作品は世界を変える可能性を有するということでもあるから、社会的存在と言うことができるだろう。

その時重要なのは、作品と空間の距離だと思う。

前に古墳展のときにも述べたように連句の前句と付け句の関係と同様、距離感が余情を醸し出す。

しかし、それは作家の主体性が薄れるということでもあり、作品の自立性、言い換えれば尊厳を損なうことにもなるのかもしれない。

一方で箱の中に展示するとなれば、空間全体を作家が支配することができる。

空間を含めて作品を制作できるということだ。

そうなれば作品の独立性が保証され、他との距離は無意味なものとなる。

つまり箱の中に展示するということは、作品主義というか作品をより大切に、より純粋にするということだろうか。

社会との関係は鑑賞者を通しての1点だけとなる。

作品と社会の関係が希薄となったとき、アートの意義を問い直すことが必要となってくるかもしれない。

かつて青少年の文化活動を育成する仕事に携わっていたころ、演劇や音楽、美術展などの発表の場を繁華街の通りにもっていったことがある。

当時各専門の指導者からは、反響板がないとか、照明が不十分とか、十分鑑賞できないとか不十分な環境で発表させることにかなりの反発があった。

それでもアッピール性の高さ、社会の一つのピースとしての文化活動の意義等に鑑み実施に踏み切ったが、開催後にはかなりの支持を得たとこを覚えている。

あれから30年ほどが経ち改めて作品の社会性と純粋性を考える機会をえたように思う。

 

美術館を後にして土屋先生の個展を見に行った。

まるでおもちゃ箱をひっくり返したような楽しさがそこにあった。

コロナウイルスの不安な中にあってこそこんな展覧会が嬉しかった。

この不安の中で祈りをこめて制作されたという十字架を彷彿させる作品があった。

先生の慈愛に満ちた顔が浮かんだ。

その2階では、よしだ智恵さんが個展を開いていた。

エネルギーの溢れる作品。

これからの活躍が楽しみだ。

 

 

2020.06.29 Monday | 22:39 | comments(0) | - | - | 

「再生の森」計画〜福祉施設との連携〜

計画をすすめている「再生の森」ですが、その隣接地に老人福祉施設があります。

 

その一角に記念樹を植えた庭園があります。

 

この庭園は再生の森のレイアウトで協力してもらっているホンダさんのデザインです。

 

ここにやはり再生の森に彫刻を設置しているSさんから、ここにも作品を設置したいという申し出があり、施設の管理者の方と協議して設置することになりました。

 

作品は黒御影石を使ったもので再生の森にあるものに繋がる作品で再生の森との一体感がでてきています。

 

作品だけでなく再生の森そのものが施設と連携していける方法を管理者の方と少しですがお話をしました。

2020.06.26 Friday | 20:27 | comments(0) | - | - | 

「森の声」展覧会のご案内

 

コロナウイルスの影響で土川商店「場所かさじゅう」での展覧会も5月6月と中止延期となりましたが、ようやく7月から再開となります。

 

その第一弾は木工作家の太田晴貴さんと造形作家の加藤観月さんのコラボです。

 

「森の声」と題し自然から感じるイメージを具象化した展覧会です。

 

期間は7月18日〜26日(10:00〜17:00  26日は15:00まで)

2020.06.23 Tuesday | 10:24 | comments(0) | - | - | 

アンズをドライフルーツにしました

土川ガーデンにはアンズの木が5本あるのですが、そのうちの3本のアンズが食べごろのなりました。

 

毎朝完熟して落ちてきた実を、アンズ酒やアンズシロップ、ジャムにしたり店頭に出したりしているのですが、今回は一部をドライフルーツにしてみました。

 

近くのUさんが大きな乾燥機を持ってみえ、山菜などを乾燥してみえるのでお願いしました。

 

まだ半生状態ですができてきたので早速試食してみました。

 

好みがあると思うのですが、やや酸味が強い気がします。

 

生食のほうが美味しいと思いますが、試食したい人はどうぞ。

2020.06.12 Friday | 16:45 | comments(0) | - | - | 

いよいよブルーベリーの季節です。

 

土川ガーデンのブルーベリーが少しづつ色づき始めました。

 

今朝、ポラリスなどハイブッシュ系の2本に青く色づいた実を見つけました。

 

ブルーベリー狩りができるのは10日ほど先ですが今年も楽しんでもらえそうです。

 

コロナ感染症の影響で密は避けなければなりませんが、ブルーベリー狩りなら大丈夫でしょう。

 

石窯も使えますのでご家族で楽しんでいただけると思います。

2020.05.30 Saturday | 11:46 | comments(0) | - | - | 
 | 1 / 238 PAGES | >>